WiMAXはウソ偽りなく料金がリーズナブルなのか…。

公開日: 

WiMAXギガ放題プランに関しましては、大体2年間ごとの更新契約を原則として、月額料金の値下げやキャッシュバックが実施されているのです。そのあたりをきちんと受け止めた上で契約した方がいいでしょう。
自宅は当然の事、外にいる時でもインターネットに繋ぐことができるWiMAXではありますが、もっぱら自宅でしか使用しないということでしたら、WiMAXモバイルルーターよりも普通のルーターの方が間違いなくおすすめです。
ワイモバイルのポケットWiFiを知人より一押しされて、初めて使用してみたけれど、これまで所持していたほぼ同一のサービスを推進している同業他社のものと比べましても、通信品質などの点はまったく同等レベルかそれ以上だというふうに思いました。
WiMAXはウソ偽りなく料金がリーズナブルなのか?所有のメリットや留意点を確認し、流行中の格安SIM等とも比較した上で、「確実に安いのか?」についてお伝えしたいと思います。
WiMAXと申しますと、いくつかのプロバイダーが実施中のキャッシュバックキャンペーンが大好評ですが、ここでは、実際にWiMAXは通信量に関しては無制限で、お得になっているのかについて取り纏めております。

今売っている全モバイルルーターの中で、私が推奨できるのはどれになるのかを、通信関連は不得手だという方にもわかっていただけるように、ランキング形式でご提示させていただきます。
オプション扱いにはなりますが、WiMAXのエリア圏外であっても、高速通信が可能なLTE通信を使用することが可能な機種も用意されているので、基本的にこちらの機種さえ持っていれば、日本全国でほとんどモバイル通信ができるはずです。
本当にWiMAXとワイモバイルという評判の良い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみましたが、上位機種に関する下り最大速度を除外した概ねの項目で、WiMAXの方が優れていました。
プロバイダーそれぞれキャッシュバックされる時期は異なるのが一般的です。実際的に入金される日は一定の期間を経過した後となりますので、そのような部分も意識した上で、どのプロバイダーで購入するのかを決めるべきです。
過去の通信規格と比較してみましても、圧倒的に通信速度がアップしていて、大きいデータを一括送受信可能であるというのがLTEだというわけです。今現在のニーズに合致する通信規格だと思います。

「月額料金」・「速度制限の有無」・「データ通信容量」・「サービスエリア」という4項目で比較してみたところ、どなたが選んでも全く問題のないモバイルWiFiルーターは、わずか1機種だけでした。
ソフトバンクの通信ブランドであるポケットWiFiというのは、WiMAXよりは低速であることは否めませんが、その周波数の特徴で電波が達しやすく、屋内でも接続できないことがないということで利用者も非常に多いです。
速度制限を規定していないのはWiMAXのみというイメージかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式の変更により、速度制限が齎されることなく利用可能な「アドバンスモード」という呼び名のプランがあるのです。
全く同じモバイルルーターでも、プロバイダーが異なれば月額料金は違います。こちらでは、評判のいい機種を“料金”順でランキング一覧にしてありますから、比較してご覧ください。
「WiMAXをとにかく安い金額で満足いくまで利用したいと思っているけど、どのプロバイダーと契約した方が賢明なのか結論が出ない」と言われる方のために、WiMAXのセールス展開をしているプロバイダーを比較したWiMAX特設ページを開設しましたので、よければ閲覧してみてください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑